ほうれい線防止をする為の意識

そこにあるだけで、一気に老け込んだ印象を与えるほうれい線。

漫画でも、中年のサインとして描かれる、
鼻の脇から伸びるあの憎きラインです。

加齢とともに、誰にでも表れるものですが、
実はできやすさには個人差があります。

自分は、ほうれい線ができやすいタイプかどうか、
ぜひチェックしてみましょう。

1.乾燥肌である

ほうれい線も、一種のシワです。
シワはお肌が乾燥するほど刻み込まれやすいため、
乾燥肌の人は、ほうれい線ができやすくなります。
つねに保湿を心がけましょう。


2.睡眠中についたシーツの跡などが消えにくい


お肌に弾力がなくなっているサインです。

若いころは、表情による折りジワができても戻りやすいのですが、
年齢を重ねるにしたがって戻りが悪くなっていきます。


3.痩せすぎor太りすぎ

痩せている人はシワが目立ちやすいため、
ほうれい線も早めに出るといわれます。

太っている人は、一見お肉でハリがあるように見えますが、
加齢とともに重力にしたがって下がっていき、ほうれい線につながります。

適度な肉付きがもっとも理想的といえそうです。

ちなみに急激なダイエットなどで、痩せたり太ったりをくり返している人も、
お肌が変化についていけず、ほうれい線が出やすくなるとされています。


4.頭皮が動きにくい

指で頭皮をずらすように触った時、動きが悪い人は、
皮膚が硬くなっている証拠。

頭皮と顔のお肌は一枚つづきですので、
それだけお肌の柔軟性もなくなっているということになります。

定期的に頭皮マッサージを受けるのも、
結果的にほうれい線ケアにつながるのです。



思い当たることのある方は、
ほうれい線防止のために意識を高めていきましょう。



→ほうれい線を消す~10歳若く見られる方法~

この記事へのコメント

→ほうれい線を消す方法~10歳若く見られる方法~