ほうれい線とは


ほうれい線とは、小鼻の両脇から唇の両端に伸びる二本の線のことをいいます。


ほうれい線が目立っているかどうかは、老け度合いを測るのに最も重要なポイントで、ほうれい線が目立っている人は、そうでない人より見た目の年齢が、軽く5歳は上がる、と言われています。


ほうれい線は、中年以上の歳を取った人に現れてくるしわ、と思う人が多いですが、中年になって突然出現するしわではありません。


若い人にはもちろん、赤ちゃんの顔にもあるのです。


若い頃までは、このしわが、浅く、薄く、目立たちませんが、中年になるにつれ、だんだん深く、くっきり刻まれてきて、黙っていても目立つようになってしまうのです。


同じ年齢でも、肌が明るく健やかな人と、しみやしわがあったり、くすんだり、たるんでいる人では、肌の健やかな人の方が、断然若く見えますよね。


よって、どれだけ若く美しく見えるかは、肌の状態で大きく左右されるということです。


ほうれい線が深くなる原因はさまざまですが、頬の筋肉が衰えたことが原因だとされています。


頬の筋肉は、表情筋と呼ばれる数十種類の筋肉のうちのひとつで、笑う時に口を大きく上に吊り上げたりする時に使っています。


いつも笑顔でいると笑いじわができる、とも言われていますが、それを恐れて無表情で過ごしていると、表情筋が衰えて顔全体がたるみ、結局はほうれい線を深くしてしまいます。


表情筋を鍛えるエクササイズは簡単で、ほうれい線には非常に効果的です。


また、マッサージも効き目があります。


エクササイズやマッサージは急激にほうれい線が改善されるわけではないので、根気良く、継続的に行うことが大切です。


この記事へのコメント

→ほうれい線を消す方法~驚きの効果あり~